トルコの文化

早稲田で‘トルコの夕べ‘

トルコからの交換留学生によるプレゼンテーション
ICC初のトルコ紹介イベントとなった今回は、交換留学に来ているトルコ人学生が中心となって企画・開催された。トルコ人学生によるプレゼンテーション では、トルコの美しい景色や建物をDVDで鑑賞したり、美しい詩の朗読を聴いたり、ガイドブックからは知ることのできないトルコ情報を聞いたりと、内容盛 りだくさん。参加者は皆冒頭からすっかり魅了されてしまった。「早くトルコに行きたい!」

ヤスミン植月千春さんによるカーヌーン演奏
カーヌーンとは、一見、琴のようなトルコの伝統弦楽器。音楽家であり、カーヌーン奏者としても活躍されているヤスミン植月千春さんがゲストとして演奏してくれた。その美しく神秘的な音に、みな聴き入っていた。

内田雄一さんによるお話
二人目のゲスト、内田雄一さんは多人種共生を専門とするトルコ愛国家。専門家の視点から、ご自身のトルコでの経験をジェスチャーを交えながら、楽しくお話ししてくれた。これでますますトルコへ行きたくなってしまったのでは?♪

イベント中には、ターキッシュディライト/ロクム(砂糖と水をコーンスターチで固めたもの)やアップルティーをいただいた。

会場では色鮮やかなトルコの伝統衣装を見たり・・・

トルコ出身の学生さんとお話ししたり・・・

トルコの伝統的な茶器に実際触ってみたりして、自由に楽しんだ。
参加者は思い思いにイベントを楽しみ、トルコの魅力を再確認したようだ。

《参加者の声》
「とても興味深いイベントでした!トルコにぜひ行ってみたいです。」
「踊りや音楽などを実際に見たり聴いたりでき、トルコの雰囲気を全身で感じることができた」
「トルコ出身の方と接したのは初めてですので、よい体験をさせていただきました。音楽の生演奏も素敵でした。」
「今まで抽象的だったイメージがちょっと具体的になったように思います。」

2008年6月25日


早稲田で‘トルコの夕べ‘ のコメント

コメントなし, 最初の書き込み! “早稲田で‘トルコの夕べ‘”

返信する

コメントを投稿するにはログインしてください。